安いネイルスクール

学費がなるべく安いネイルスクールに通いたいのですが、おすすめは?

ネイルはおしゃれの一部として常に身近にありますよね。
ネイルといってもいろいろありますが、私はよくネイルサロンでジェルネイルをやってもらったりしています。

ちょっと前まではすごく料金も高かったんですけど、今はかなり費用も安くなったので、とても行きやすくなりました。
うちの職場はどんなネイルでも大丈夫なので、毎回どんなネイルにしようか楽しみで仕方ありません。

そして最近はネイルをやってもらうだけでなく、自分もやりたいと思うようになってきたんです。
きっかけはネイル好きの友人だったんですけど、いつもすごく可愛いネイルをしていて、随分お金がかかっているんだろうなと聞いてみたら、自分でやっているからあまりお金はかかっていないんですって!

しかもきちんと勉強していて、資格を取ったらネイルサロンで働き、将来的に独立したいという夢まで持っていました。
確かにネイルサロンでやってもらっても、ちょっとイメージと違っちゃうこともありますし、爪が伸びてきてしまうと、お直ししたりケアしたりするのが面倒なんですよね。
だから、自分でできたらいいですよね。

特に爪が伸びてきて根元が浮いてきちゃうと、サロンできれいにしてもらった方がいいんですね。
でも、私はこのくらいならいいかなと放っておいてしまったりしています。
これはかなり爪にも衛生的にも良くないので、自分でできるように勉強してみようかなと思いました。

そして、できるのなら私もきちんと勉強をして、資格をとって、いろいろな人のネイルができるようになりたいとも思いました。
勉強は大変だと思いますけど、好きなことなので続けられる気がするんですよね。

今、私は働いていますし、正直あまり学費もかけられないので、私でも勉強できるようなネイルのスクールを調べてみることにしました。


通信と通学ならどちらが安いのでしょうか?

ネイルは大好きですけど、勉強面は全く無知だったので、いろいろ調べてみました。

ネイリストになるには資格はいらないんですね。
ただ、やはりネイリストとしてやっていくのであれば、資格はきちんととっておかないと何もできないのが現実です。

ネイルスクールっていろいろあるんですね。
通学の他に通信でも勉強ができるんですけど、学費的にはどちらが安いのでしょうか?

なるべく安いところがいいのですが、ネットで見ていても、よくわからなくなってきてしまいました。
そこでネイルスクールを簡単に探せるサイトを利用することにしたんです。

ネイルスクールラボ


おすすめのひとつでは、ネイルスクールラボがあります

ネイルスクールラボというポータルサイト


 


地域で絞って検索すると、通学、通信どちらのネイルスクールも簡単に探すことができましたし、おおまかな費用も知ることができました。
そしてこういうサイトのいいところは、いろいろなスクールの資料を一括で請求できるんです。

やはり詳しく知るためには資料が必要ですし、比較するのも資料があった方が便利ですもんね。
一つ一つスクールを探して問い合わせてとなるととても大変ですけど、これならとても簡単でしたよ。

もともと、このサイトで見つける前に気になっていた通学や通信講座のヒューマンアカデミーとかの資料も請求できたのでよかったです。

とにかく、なるべくたくさんの資料をお願いしてみました。
どこが安いかを検討するので、ちょっと便利かなと思いましたね。






資料がたくさん揃いました

他に実際にネイルスクールの資料請求をできるサイトもありましたが、こちらは最安値の相場とか見たいときにおすすめかもしれません。

ビューティー資格のネイル学校の情報なんですが。

他のサービスで掲載されてなかったスクールもありましたし、講座別に大まかな費用の相場は見られるのも便利です。

ビューティー資格ナビ


ここでは地元の学校など、たくさんの資料を請求しました

ビューティー資格のネイルスクール情報サイト


 


やはりパソコンで見るよりもじっくり見れましたし、ところどころペンでチェックしたりとかしながらいくつかに絞りこみました。
友人の話も参考に聞きたかったので資料があるとわかりやすくてよかったですね。

学費はやはりスクールによって大きく違いました。
通信の方がちょっとだけ安いかな?という感じはありましたが、勉強内容や資格、サポートなども含め、自分にぴったりのスクールを見つけたいと思います。

これだけ手元に資料があると心強いですね。









(スクールを探せる地域です:)
北海道
青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄県




高額な費用のネイルスクール講座のメリット

プロのネイリストになりたいと考えた時、独学で資格取得を目指すことも可能ですが、専門のネイル講座で必要な知識やスキルを学んで資格取得を目指すというのが一般的です。

 

そんなネイル講座にかかる費用の相場25〜100万円程度と、かなりの差がありますね。

 

ですが、大手のネイルスクールが開いている講座は高額になりやすく、100万近くかかることが多くなっています。

 

ここで気になるのが高額なネイル講座には、どのようなメリットがあるのかな?ということでしょう。

 

まず挙げられるのが、講座の内容です。

 

高額な講座の多くは、プロのネイリストとして必要不可欠なネイルの知識やスキルの技を習得して、すぐにネイルサロンで働けるレベルの能力を備えられるようなカリキュラムが組まれています。

 

中には、学びながらネイルサロンで働ける研修実習などが行われていることもありますので、より実践的な勉強をすることができるというメリットがあるのですね。

 

また講師陣も日本ネイリスト協会から認定された講師が揃っていることが多く、安心して教えてもらうことができる環境が整っているというのもメリットなのでしょう。

 

ちなみにネイル資格取得の意味では当たり前ですが、3級講座よりは2級の方が、2級よりは1級講座の方が高額にはなりますよね。

 

ジェルネイルで言えば、初級よりは上級資格の方がやはり割高ではあります。

 

もちろん必ずしも安価な講座の質が悪いというわけではありませんが、高額なものはそれだけの費用を払う価値のある内容となっていることが多く、プロを目指すという観点でいえばメリットがあるといえるのですね。

 

ネイリスト検定2級のだいたいの合格ラインとは

ネイル資格・・というと、一般的で「とりあえずこれを取得しておけばいい!」みたいな目標?がネイリスト検定2級ですね。

 

ネイリスト2級は趣味からサロン開業、他にネイルサロンで働くのにも必要となってきそうなポピュラーなネイル資格です。

 

そのネイリスト検定2級は、では実際にどのくらい難しいのか?・・みたいなことも知りたいところです。

 

ネイリスト検定2級のだいたいの合格ラインなのですが、高いのか?低いのか?ですね。

 

結論を言えば、サロンワークで通用するレベルのネイルケアやリペアだけでなく、芸術などのデザイナーとしてのセンスや技能も要求されるので、かなり高めに設定されています

 

わざわざネイルスクールのコースでも「ネイリスト2級保証」みたいなこともあったり、学校で学ばないと独学だけでは合格が難しい・・というラインなのがネイリスト検定2級でしょう。

 

あとちなみに、ネイリスト2級検定試験の内容についての注意点などです。

 

マークシート方式の筆記試験も制限時間が短く、短時間で効率よく解答していかなければ時間切れになってしまうので、毎日の練習問題でも時間配分に気をつけるように心がけましょう。

 

綺麗に仕上がったとしても、工程審査で落ちてしまうことがよくあります。

 

試験時間内での工程や所作などのことにも気をつけて、正統派の技術を身に着けておきましょう。

 

後半の55分は施術の順序が自由なので、自分のやりやすいように行うことで作業効率の良いようにすることがおすすめです。

 

マークシート方式で必要となる知識は爪の構造などの基本的な問題から、消毒管理や病気など専門的な分野まであるので、事前にしっかり勉強しておくことが合格のカギになります。

 

筆記試験の対策は、事前に練習問題を繰り返していれば対応できます。

 

問題は実技試験で、練習が限られている環境であれば、合格は厳しくなってくるでしょうね。

 

なので日頃からスクールなどで実技の練習をするだけでなく、デザインのセンスを養っておきましょう。

 

近くのネイルスクール探し